埼玉にある看護学校に現在通っています。

目まぐるしい毎日

埼玉の看護学校 / 久喜看護専門学校

看護師を目指したきっかけは、世界中で大流行したコロナウイルスです。
医者になることは無理でも看護師になれば家族を守れる知識が得られるのではないか、これからも看護師への需要は高まり続けるのではないだろうか、パンデミックで世の中が混乱する中私が目指す道はそんな考えから決まりました。
そして実際に現在私は、埼玉にある看護学校に通い続けています。
まだ卒業までには時間がかかりますが、日々私自身が医療従事者としての心構えが固まりつつあり成長している実感が持てているため、看護師を目指したことに後悔はありませんし正しい選択だったと感じています。
ちなみになぜ埼玉にある看護学校を選んだのかというと、その学校だったら引っ越さずに実家から通えたからです。
結婚するまでは実家を離れるつもりがないため、私の中ではとても重要な部分をカバーしてくれる場所に学校が存在していたのは幸運でした。
当然ですが看護学校では看護師になるための勉強が毎日行われています。
中学や高校と同じ様な筆記の授業やテストもあれば、実地で行うカリキュラムもあるため目まぐるしい毎日です。

目まぐるしい毎日護師試験合格率日々の食生活