埼玉にある看護学校に現在通っています。

護師試験合格率

目まぐるしい毎日護師試験合格率日々の食生活

私が通っている学校は卒業生の看護師試験合格率が高く、必然的に学習内容の質も高めに設定されているのですが、裏を返せば授業が厳しいということでもあるためプレッシャーを感じる場面も頻繁に訪れます。
しかし先生が言うには、学生の内に受けるプレッシャーなど実際に医療の現場で感じるプレッシャーに比べれば微々たるものだそうで、人の命や健康を預かる現場でももっと重たいものを背負う必要があることを現時点で予想しています。
当然いい看護師になるための心構えも授業の内外で施されており、先生の中には自分が体験した悲しい話や失敗談などを惜しげもなく話してくれる方も実際にいらっしゃいます。
まだ病院など医療の現場で働いた経験がない私では想像しづらいシチュエーションの話を、自分の体験を交えて話してくださいますので大変ためになります。
自分と同じ失敗を生徒にはしないでほしいと語る先生も少なくありませんので、医療に携わることが確定的な私からすると先生の失敗談は聞いておいて損がありません。
だからこそ非常勤の講師の方などとも、積極的にコミュニケーションをとり現場に出た際の注意点などをアドバイスしてもらっています。
テストで良い点をとるだけでは、立派な看護師になれないだろうという考えからです。
私が在籍している埼玉看護学校には、高校や大学で言うところの学食に該当する食堂が存在していて、とても健康的な食事が自由に食べられるようになっています。